« 大学研究では人類は宇宙に永住できない | Main | BSC愚痴 »

8月6日なんて止めてしまえ!

反平和・・・ということでもないが、平和論って腐って発酵しているんじゃないだろうか?。
鯖の腐った目?。

さて、自分事で言えば、被爆者の手記「炎の墓標」の中原花子がおいらの母親であるが。
原爆事では無関係ではないが、どーも原爆で平和、ということには納得がいかん。
8月6日なんて止めてしまえ!、と言えば、大概反感を買うところだが、それでもあえて、異を考えて、現状の平和論に突っ込んでみる。

当然のことだが、科学的にというか、詳しい調査がされていることで、広島・長崎での原爆による破壊と殺戮のの惨状は参照できる。
このことで、原爆をしようしてはならないものだとは誰でも言えるところだろう。
だがまて、原爆を使う、事の周辺を考えずして、使われた結果だけで見ることで、戦争放棄や平和を語ることができるのか?。
このへん、かなり考え方を捩じ曲げているんじゃないのか?。

犠牲者ということでの比較、ということで意味があるわけではないが、長崎・広島原爆で20万人超というところだが、沖縄戦18万人、東京大空襲では8万人・・・他にも空襲は有るから10万人は遙かに越えるとか?。
死者だけで比較することには異論があるのは承知だが、それでも沖縄戦死傷者18万人・東京大空襲8万人は少ないのか?。
この事での連想的に考えられることは、原爆が無く、日本本土決戦をしていたら、死傷者はどれくらいでていたのだろうか?。
当然のことだが、アメリカとて、それだけの物量とアメリカ兵の双方の損失を覚悟しなければならない。
歴史に「もし・たら」はないが、それでも本土決戦があったとすれば、日米双方の損失はどれだけ有ったのだろうか?。
そうしたことを想定するならば、「原爆」で早期に戦争終結したと考えれば、被害の拡大を抑制できたとも言えるだろう。

まぁ、これには怒り心頭だろうが、ちょっとまて。
このことを実現させたのは「マンハッタン計画」だ。
これは現状、それなりに情報収集ができるのだから、参照すれば一目瞭然だが。
ここで重要なことは、1945年より前、つまり1944年には「原子爆弾」は存在していなかった、ということだ。
さらには、沖縄戦・東京大空襲・硫黄島戦、これら「日本国内」で行われた「戦争」は全て1945年になってからのことだ。
開戦が1941年・・・戦争期間は3年9ヶ月というところか。
歴史に「たら・れば」は無いが、1945年になるまでに終戦させることができていたなら、1945年のほぼ7ヶ月間に50万人以上の尊い命が失われることを回避することができたということだ。
そんなことができるはずもなかったのだから、7ヶ月間に50万人以上の人が戦死していったわけだ。
そうした「戦争の現実」に対して、我々日本国民は戦争を(初期であったにせよ)支持し、戦争に参加して、戦争の終結を求めることに無努力であったのか?。
考えてみれば当然のことだが、日本国民は、戦争に向かうことに対しての抵抗をどれほどしたというのか?。
その原爆2発で終戦をむかえることに対して、我々日本国民は持ち選る心情をどれだけ反映させることができたのか?。
戦争というものは、戦争へ向かうこと、戦争を遷延させることに国民は加味することは有れど、戦争を回避させること・戦争を終結させることには無力であることが通例であることが史実である。
といっても、おいらは歴史は赤点だからそう思っているだけだろうが。
いずれにしても、我々日本人は、戦争に向かうこと・戦争を終結させること、にどれだけの関与が有ったというのか?。
そうした史実から、「平和」や「戦争の愚かさ」を訴えるだけで、「戦争の起きない世界」を実現・・・って今世界は戦争のまっ最っちゅうじゃんか。

我々日本人は、戦争に向かうこと・戦争を終結させること、にどれだけの関与が有ったというのか?。
「平和」を訴えるので有れば、我々日本人はこのことを自問自答してこなければならなかったはずだ。
戦争が起きなければこれに越したことではないが、戦争に向かうことには人々は加担するもの、良くて無力なことで、戦争が起きることには我々には回避のための方法は無い。
一方で戦争が遷延化したことで7ヶ月間で50万人を越える人が人が戦死したわけだから、戦争の早期終結の方法を模索してこなければならなかったはずだが、「平和」を求める我々日本人はしてきたのか?。
どこぞの国のように、自分のしたいことをして戦争は終わりましたとか、そういうのは話にならんが、「戦争を終わらせる」ことは双方にとって、痛み分けで、どうにか致命傷的なことは回避したいとして戦争は遷延化していくもの。

7月30日ツイッターということで中国新聞に載っているが、「戦争に行きたくない」でいいじゃん、沖縄戦・東京大空襲・硫黄島戦・原爆、み~んな行かなくても向こうから日本に来たんだから。
いや、「戦争に向かった」ことを理解していないから「戦争に行きたくない」と利己主義に言えるということ。
昔の事を言ってもしゃーないが。
今の事で言えば、スマホとかインターネットサービス全面禁止!、となれば、どれだけの怒りが噴出するんだい?。
要はそういうこと、戦争を自分のことで考えられないことが利己主義だということだ。
戦争が起きる、戦争に向かうのには、戦争に向かう理由がある。
現状中国が、日本帝国軍の思想を追従しているようで、これが事実であればその内開戦することにもなるだろうがそれでも「戦争に行きたくない」と言っていれば、スマホも使えなくなって良いじゃん。

「平和」というか日本の豊かさは先進国の利己主義によってなされている、ということが「平和」論者には理解できない。
利己主義は戦争の火種である、当然。
経済は、先進国にとってはその豊かさを求めるためには必須であるが、後進国にとっては文化や国内情勢を破壊していくものだということが、「経済信奉者」にとっては理解したくないこと。
旧来的には、先進国は資源(市場・労働力なども含む)を求めるために植民地を求めていたが、近年では不可能になっため、これに代わって経済で資源(市場・労働力なども含む)を求めている。
が、経済は先進国が自らの豊かさを求める方法論であって、後進国には不当なものであることは、例えば「先進国(?)中国」の労働市場撤退とか、顕在化しつつある。
南北問題といっても、原材料を輸出して加工品を輸入すると言うのはまるで不合理に借金肥大でしかない。
これから問題になることは、資源を失った後進国。
先進国からすれば、資源の無い後進国など相手にしたくない上に、「資源を買うことで資金を与えてきたんだからお前らが努力してこなかったのが悪い」と捨て台詞事。
当然のことだが、自前の物を売る時には、自分で値段を決めたいもの。
それを、買う側が一方的に決めるというのは苦虫を噛み潰している事でしかない。
そのうえ、経済に合わない抱える問題もある。
怠け者と罵るのは簡単なことだが、気候や自然資源が勤勉さを失わせることは旱魃とか先進国からでも目で見えること。
経済化ができるためには、その国でそれだけの条件が揃っていることで可能なのであって、世界の国々に一様に求められることではないのはは自明のことだが、先進国側の経済という後進国への拘束による疲弊は悪くなる一方だと言えよう。
港振興であることの疲弊と資源の枯渇となれば、内戦から他国へ飛び火という事は順当に進んでいくことになるだろう。
で、戦争に向かうこと・戦争を終結させること、を自問自答してこなかっ「平和」を求める我々日本人は、戦争に向かう・内戦している後進国にどう関わっていくのか?。
「戦争に行きたくない」、で終わり。

現実問題、報道ということがおいらは信用できないが、中国・韓国の海洋争奪戦はヤレヤレ~!、と言っていていいのか?、という情勢だが。
中国側一方的というのも疑問だが、民間漁業船が他国船に実力行使とか、「参戦」・・・「戦争に行きます!」状態だとか。
そんなんで日本「平和」は「戦争に行きたくない」・・・なんだかなぁ・・・。
実際問題、中国11億人にすれば、いくら資源が有っても足りない状態で、獲れるもんなら周辺国一切合切かき集めたい状態だとおいらは思っているが。それ日本領土も盗れるだけ持っていけ!・・・オイ!。

すでに愚痴っていることだが、我々生物は細胞でできていることが根底の問題なのか知らんが、「境界を敷く・境界を踏み越える」事をしていかねばならないことが定められている。
領土拡大・植民地・経済で搾取・等々・・・。
そうしたことで、我々日本帝国は世界に「進出」していったのだし、中国も周辺国に向けて「進出」していきたい。
ロシアもやったじゃねーか。
この「境界を敷く」ということは、自分達の思うところで敷きたいわけだけど、これで南シナ海・東シナ海で中国が駄々こねているわけだが、このことに主張の修正を求めることはできない。
できるもんならや~ってみろ!。
領土が「無い」のと「有る」のでは豊かさが天地の差なのだから、誰が好き好んで「無い」耐えがたきを耐え、忍びがたきを忍ぶ」という。
日本は経済で搾取だから後進国の痛みは国民に分かるはずも無いが。

すでに書いていることだが、人間は「・・・そうあるべき」「・・・でなければならない」と執着して「境界を敷く・境界を踏み越える」を修正できないことで、力を持てばこの行使をして戦争になるというところ。
「平和」という時の「・・・そうあるべき」「・・・でなければならない」というのは、なんら力を持たないことで日本国内だけのお祈り事で終わり程度。

では、そうではなく、我々日本人は、戦争に向かうこと・戦争を終結させること、にどれだけの関与が有ったというのか?、ということを自問自答して、我々日本人は、戦争に向かうことを踏みとどまらせ・戦争を早期に終結させることに関与していくことができるのか?。

広島の平和運動は駄目だ!。
と言うことも簡単なことだけども。
なぜ駄目なの?か、とか理由を言っても聞く耳が無いのが一番駄目なところだが。

原爆を使用されたことによって、一瞬で街が破壊され多くの人の命が奪われた。
ということは、事実であり体験であるけれども。
振り返ってみれば、この戦前にも戦争があって、その戦争体験がこの時の戦争回避に参考されていないのはどういうことだ?。
いや、他国であっても、住む地域が破壊され凄惨に殺し合うことだと分かっていても繰り返し紛争しているのはどういうことだ?。
それはつまり、一瞬で街が破壊され多くの人の命が奪われた、ということを訴えることによって戦争の回避ができる、という根拠にはできない、ということだろうに。
戦争をするなということは、戦争が起きていない時に言うことは簡単なんだよ。
戦争始まってしまえば、戦争の最中、逃げ惑うか殺されるか殺しに行くかの選択肢しか無くなってしまうのは体験しているだろうに、その事は参照されないのかよ?。
その上で、戦争を終わらせることは、大概民衆には実行力の無いことだ。
ロシア革命なんて、旧態以前のことで、その事実は、ロシアの北海道侵攻・・・・事実北方領土は二度と帰ってくることは無い。
そうした、戦争が起きる事での事実関係を確認しておくことも平和を伝えることに必要なことではないのかよ?。

一方で、平和を築くということは願いであっても、現状戦争・・・というよりも紛争、つまり世界が平和で無くなっていくということの理解が無いのが広島平和のろくでもなさであり戦争を無くすことのへ無力の象徴でもあるのだが。
世界平和とか、平和を世界に訴える、とか言うのは、人に言う口があることで言えることだが。
では、その伝わらせる世界のことを、広島平和はどれだけ理解しているのかよ?。
マスコミが伝えるような世界地域の状況、というのは想像してみてもあてにはできない。
紛争があるからといって平和ではないと言えないし、殺し合っていても国家は正常に機能しています、とも言える。
そのへんの理解の方法論が無いことも広島平和の欠点であろう。

その世界、特に後進国は紛争地域であるだろうし、これから紛争地域になっていく国もさらに拡大していくことの懸念も無く、世界平和の実現を願うなどと与太話を8月6日が来ることに繰り返し言い続けるだけってのも与太話でしかないが。

問題なのは、平和・・・というか「豊かさ」ということだということに誰が気付いているのだろうか?。

豊かさが悪い、というとだれも耳を貸してくれないところだが、過去の豊かさ・・・つーか繁栄は、「植民地」あるいは不平等な交易によってもたらされていたのは歴史としての事実で誰もが知っていることだろうに。
当然、今日的には「植民地」ということは非道徳的ということで無いことにしているが、だからといって人間は豊かさにしゅうちゃくしていたいのだから、「豊かさ」を求めずにはいられないことで、「経済」で平等にやっていま~す、としているところだが。
けれども、これは先進国の御都合主義のもので、後進国にとって平等のものではない。
いくらあがいたところで、後進国が先進国の利益を越えることはできない不平等な方法論でしかない。
この不平等さから、後進国の物を先進国が買うのには、先進国は買い叩くし、先進国は高く(と言うことでもないが量・・・いずれにしても全体量としては買い叩く時よりも甚大な量ということで高額)売りつけるわけだ。
そうすることで、後進国の経済は疲弊していくわけだ。

んでもって、第一次産業が国を支えるだけの生産量を得られるだけ定着しているのか?、とい8う問題もある。
これが無ければ借金雪だるま、国も運営が成り立たない。
しかも、先進国の経済によって、第一次産業が破壊されていくならなおさら。
すでに触れているが、その地域それぞれの生活習慣とかによって、労働に従事する上でとかの性格の問題も有る。
で、性格が悪ければ経済、つーか先進国の経営者は逃げ出す(中国が今そうらしいが)となれば、ますます国は没落していくわけだ。
そうし国が疲弊していくということは、内乱ということになっていくか、難民になっていくか。
経済で国を再建するとしても、第一次産業が国民を養えるだけの定着がなければ、いくら経済定着させようとしても雪だるま借金から逃れられる状況にはなるまい。

加えて、地球環境、というよりその地域の環境が悪化しているとすれば、それこそ第一次産業も定着すまい。
日本ではあんまり考えることでもないが・・・まぁ、ときに酷い旱魃は有るとしても、他国では水を定量的に得るというのは難しいというのが日常茶飯事というのは伝えられること。
つまり第一次産業が定着していなければ、略奪は日常茶飯事であり、さらには戦闘・内戦になりうる。
このことは、こうした国が一国有れば、その国を取り巻く国々も類似性があるのではないのか?。
類似性があるということは、取り巻いている国も内紛・紛争に向かうあるいはしている可能性があるということだ。
そうした事実関係の理解の無いところで、世界平和を唱えてなんになるというのだ?。
ただの自己満足で終わりじゃないか。
そういうことを70年間繰り返して、今後も同じように繰り返していくとすれば、うんざりなことでしかない。

現実に侵攻(進行)している問題として、戦争・内紛がどれだけ世界で起きているのか広島平和は把握しているのかよ?。
さらには今度どれだけの国で戦争や内紛が起きることになるのか、広島平和は関心を寄せているのかよ?。
世界の動向に無関心で、世界に平和を訴え続けます、というのは丸で無責任な御都合主義ではないのかよ?。

どーせ広島平和の知ったことではないが、世界はより紛争・戦争に向かっているし、このことを世界は抑止する考えを持ち合わせてはいない。
といことで、場合によっては戦火は一国に留まらず複数校を巻き込んで行くことにもなりうるということだ。
そうした状況になったとしても、広島は平和を願っています、と言うとれ!。

現実に侵攻(進行)している問題として、戦争・内紛がどれだけ世界で起きているのか広島平和は把握しているのかよ?。

を繰り返し羅列しても脳味噌無い広島平和は理解しておこうなどとおもいもしないだろうが。
無駄な時間を取って無駄な努力をしておく。

「経済」ということで、「広島平和」は豊かさを満喫できると言ったところだろうけど。
当然、「耐えがたきを耐え、忍び難きを忍ぶ」ことになれば、「広島平和」ということもあるまい。
だけれど、この「豊かさ」とはどういうことか?。
世界が、「豊かさ」や「経済」がどのように「平和」や「戦争」や「紛争」に絡んでいるのか?、と言う理解もなく「広島平和豊かさ」を満喫しているというのでは、「世界平和の理解」があるわけもなかろう。

「経済」、つまり「豊かさ」ということが「平和」に繋がるわけではないことは繰り返し愚痴っているが、再度愚痴る・・・ても理解する者はおらんことで世界は戦争に向かう。
「経済」という時には、回っている時には「豊かさ」を満喫していれば良いが、「経済」が破綻すれば、ブラックマンデーとか戦争に向かえば良いじゃん。
企業性と言うか、産業に依存しているのが「経済」というものだが、この「経済」が一方で「平和」を破壊し戦争を醸成・助長させていることぐらい「広島平和」は分かれよ!、と言うのも無理な話か。

すでに日本では、その地域で体験済みだが、「廃坑」の地域社会の破壊は知ったことではないこと。
日本の場合は、かなりのところでお国が面倒見てくれるのと、転居の自由があるし、産業の多様性も有る。
これが、アメリカで都市が破綻しているわけだ。
この状況をよ~く見てみようよ。
日本では限界地域とか陸の孤島とか・・・こういう状況で「平和」かい?。

後進国では、第一次産業としてあればだが、狩猟民族とかなら第一次産業の基盤も無い。
んでもって、「経済」にもともとの地域社会の労働力を奪われれば限界地域とか。
しかも「経済」が上手く行かなくてリターンと言っても地域社会が荒廃してしまっていてはリターンもできない。
イギリスとか産業構造の変化から、労働力も行き場がなくて無職なら、後進国ならなおさらだろうが。
ソマリア自衛隊派遣たって、詳しく調べてみれば「経済の毒気」にあたって「経済圏」がしっぺ返しされている状況で、海賊問題を陸地に追いやっただだけで、地域社会で生活する手段がなければ、場合によっては困窮を強いた世界へテロに乗り出して行きかねない。
すでに愚痴ったが、資源産出に「経済」の依存をしているならば、資源が枯渇すれば国家が資金難になることから地域社会こ困窮して政情不安定にもなりえるだろう。
公共放送の受信料の無駄遣い番組クロ現によれば、資源があれば国家間の争いにも成り得る。
タンタルコンデンサーと言っても分からんが、鉄砲の玉代とかになって人が殺せるのだからどんどんスマホを買い換えていけば良い。
過酷な労働の産物の養殖海老たんまり食ってれば良いじゃん。
ロシア石油も農民が嘆いていたのはどうなったやら?。

「広島平和」は「広島が豊かである」ことで世界平和を願う、とかやっているけれども、世界を知れば「平和」などと甘ったれたことなど言ってられない。
世界の理解から隔絶したところで「平和」を唱えることはそりゃぁー簡単だよ。
「知らない」ことによってドンダケー幸せにしていられるんだよ?。
現状世界は「戦争」に溢れているし、さらなる戦火の拡大もしていくのは、「経済」からみれば自明。
それを「広島平和」はどうやって「世界平和」を実現していこうというのだい?。
すでに愚痴ったように、「経済」に依存しては「世界平和」にはならない。
それでも「平和」を願っていま~す、と世界に発進していくだけなのかい?。


|

« 大学研究では人類は宇宙に永住できない | Main | BSC愚痴 »

Comments

Post a comment



(Not displayed with comment.)




TrackBack

TrackBack URL for this entry:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/11885/62031070

Listed below are links to weblogs that reference 8月6日なんて止めてしまえ!:

« 大学研究では人類は宇宙に永住できない | Main | BSC愚痴 »